ホーム > AGAについて

AGAについて

男性脱毛症(AGA)ってなに?

AGA(エージーエー)とは、「Androgenetic Alopecia」の略で、男性型脱毛症の事をいいます。AGAで悩む人は、現在全国で1,260万人ともいわれています。男性は、一般的に、20歳以降の思春期が終了した後に発症し始め、額の生え際や、頭頂部周辺の髪の毛が少なくなり、脱毛が進みます。進行程度は、人によって様々ですが、額や頭頂部、どちらかのみ進行する場合と、両方進行し髪の毛が薄くなる場合があります。
 
治療開始前 開始後 4か月後
 

AGAについて

AGA男性型脱毛症は早くて20代、30代から40代までの男性がなる脱毛症です。一度進行しだすと何も対策しなければすぐに進行してしまいます。早めの対策が必要になります。
発毛サイクル AGAの一般的な症状としては、だんだんと額が後退してきたり、薄くなるなどの症状が起こってくるのが特徴です。このような髪の毛の変化は、20代前後から始まって35歳までには、約40%の男女になんらかの脱毛の症状が現れます。AGAには特異的な脱毛パターンがあり、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていき、薄毛(うす毛)が進行していきます。AGAの発症年齢や進行の程度には個人差があります。早い人では、10代で症状が現れるケースもあります。このAGAは、一般的に「遺伝」と「男性ホルモンの影響」から起こると考えられます。
 

脱毛の原因

男性ホルモンのエスト捨て論が5aリダクターゼという変換酵素の働きでデヒドロテストステロンというホルモンに変換され、頭皮にとっては成長を止める作用があります。 ストレスは心身に様々な悪影響を及ぼします。薄毛にとっても例外ではありません。自立神経などのバランスが乱れ、血流が悪化し、毛乳頭までの栄養が行き届かなくなり、結果的に毛髪の成長を阻害する原因となります。 毛髪には遺伝によるものが多いといわれています。5aリダクターゼといわれるAGAの原因となる男性ホルモンの量が生まれつき多い方の場合は、抜け毛や薄毛になりやすくなります。この遺伝子は毛髪の遺伝子検査により診断することができます。
髪の毛の健康を保つには栄養が必要です。肉類、油類の摂りすぎは抜け毛の原因になるといわれています。良質のたんぱく質や、ビタミン、ミネラルルイを摂ることが、抜け毛予防になります。 過度の飲酒や喫煙、運動不足などの生活習慣の乱れも毛髪の成長に悪影響を及ぼします。疲れによる身体機能が低下や栄養が不足した時に、一番影響があるのが頭髪です。

AGA (男性型脱毛症)の分類(ハミルトン・ノーウッド分類)

これらのAGA(男性型脱毛症) プロセスを分類したのがハミルトン・ノーウッドの分類です。薄毛の進行度を判定する指標として用いられています。
Ⅰ型からⅦ型まであり、数字が大きくなるほど薄毛の進行度合が進んでいることを示しています。
 
Ⅰ型
前頭部の生え際がM字型に後退しはじめた状態。
Ⅱ型
Ⅰ型よりさらに進行した状態。
Ⅱ型 Vertex型
Ⅱ型の状態に加え、頭頂部がO型に薄くなってきた状態。
 
Ⅲ型
Ⅱ型よりもさらに進行し、頭髪全体のボリュームも薄くなった状態。
Ⅲ型 Vertex型
Ⅲ型の状態に加え、頭頂部がO型にうすくなってきた状態。
Ⅳ型
前頭部の生え際がⅢ型よりも後退し、頭頂部もO型に薄くなってきた状態。
 
Ⅴ型
Ⅴ型がさらに進行した状態。
Ⅵ型
前頭部と頭頂部の薄毛部分が側頭部のみの状態。
Ⅶ型
Ⅵ型が進行し、側頭部の毛量も減ってきた状態。
専門クリニックをおすすめいたします。
 
当院では毛髪専門クリニックだからこそ可能になった最先端の治療薬を用意しております。多くの方が内服治療のみで、満足されております。一般の病院でプロペシアだけ飲んで結果が出なかったという方でも大丈夫です。早い方は2,3か月で見て、触って、効果を実感して頂けると思います。
治療することで未来を変えられるのです。